精神が弱い僕の生き方とは?弱いメンタルでも鍛えられる!!逃げていい

 

こんにちは、おかぴーです。

僕は、

「君はメンタルが弱いよね」
「君は何をやっても中途半端だよね」

とこれまで散々言われてきました。

 

なぜこうなったかというと、とても簡単な話で、

 

過去の失敗経験や傷ついた経験から自分に対する自信が全くなくて、

何をするにしても、ビビるし

逃げるし、

弱音を吐く癖がついてしまっていたからです。

 

心の中では

「くそー、悔しい見返してやる!!」

と感じるのですが、

人が怖くてビビるので、自分の意見を言うことさえもできませんでした。

 

何か言ったら嫌われるんじゃないか・・・
批判される・・・

なので、悔しいという感情や自分の心の本音を押し殺して必死に耐えていました。

人と普通に関われない。
全然人生を楽しめない。

 

こんな僕は、

自分のことを「社会不適合者」だと思っていました。

 

社会に適合できないということは、

現実的に考えたら金銭的にも厳しくなってしまうだろうし、

自分の生きる道がありません。

 

テンション下がって暗くなる方向にどんどん考えてしまい、

さらに自分を追い込んでしまっていました。

 

では、こんな僕は人生が終わったのか??

というとそんなことは全くありません。

 

どういうこと??

と思われるかもしれませんが、

 

ビジネスとメンタルを学んだことによって、22歳で起業して、

収入も右肩上がりで、
素敵な人間関係にも恵まれて

毎日楽しく過ごしています。

 

え??起業ってセンスとかいるんじゃないの?

いや、怪しいだろ!!

などいろいろ感じると思いますが、読んでいただければわかります。

 

今考えると、

弱くて、すぐ逃げる自分でよかったなと思っています。

 

普通に就職したり、ゴリゴリの営業をやっていたら、

絶対に体調壊してすぐ仕事辞めていただろうなというのが簡単に想像つくからです。

 

社会不適合だからこそ、人生を楽しく生きる選択ができたなと思っているからです。

 

そこで今回は、
過去にメンタルが弱くて苦しんでいた僕が、

同じような悩みを抱える方に本気で生き方を考えてみました。

少しでも何かのきっかけになると嬉しいです。

 

僕は社会不適合者。バイトでは怒られまくる。組織と人が苦手すぎた。

 

これは僕だけではないと思うのですが、

ルールとか規則とか、人に怒られるのが本当に嫌いです。

 

でも、僕は自分の生き方が分かっていなかったのと、

「現実的に」みんな同じことしているから。

 

という理由で、

無理やり組織に適応させて、頻繁に熱を出したりしてました。

 

バイトでは居酒屋をやっていたのですが、

忙しい時にドリンクやフードをこぼして怒られたり、

弱いので、社員さんにもバカにされたことが何度もあります。

 

また、営業も少しやったことがあるのですが、

僕はメンタルも弱いしコミュニケーションも苦手なので、対面がそもそもとても苦手です。

 

というか、仲良くなった人以外、打ち解けることができません。

 

そもそも友達もほとんどいなかったのであたる人脈もありません笑

営業するって言っても人がいないし、どうしよう・・・

普通に考えて無理でした。

 

それを無理やり、

努力!!

諦めるな!!

根性!!

と言われても出来ないものはできないのです。

 

完全に精神が弱い僕が生きるフィールドではない。

メンタルが弱い僕には合いません!!

 

確かに、厳しい環境で学んだことも多少はありますが、

学んで正しい方向で楽しくやってればお金を稼いだり、人脈を得ることは充分できます。

 

仕事でうまくいったり、人に恵まれるには、

人に喜ばれることをしていれば良いからです。

 

現場も絶対無理だし、断られても断られてもそれでも這い上がる営業とかも絶対無理!!

 

でも、お金は稼ぎたいし、

素敵な仲間も欲しいし、

時間にも縛られたくない、

どんどん人生を豊かにしていきたい・・・

 

どうすればいいんだ??

と考えていた時に出会ったのがネットを使ってビジネスをするということです。

 

営業のコツとは?僕はメンタル弱くて直接営業はできないけど、Twitterで発信はできた。

 

ネットを使ってビジネスというと、

怪しい!!

騙されてる!!

と思う方もいるかもしれませんが、

それは中身を知らないだけだなと思います。

 

ネットのおかげで、個人が簡単にメディアを持つことができます。

つまり
テレビやラジオなどと一緒です。

有名人が有名なのは、メディアを通して頻繁に出演しているからです。

 

元々は私たちと何も変わらないただの人間です。

何かを発信している人にはファンもできます。

 

ファンができれば自分のことを好きでいてくれるので正直なんでも売れます。

(もちろん良いものを売るのは大前提)

 

それがネットのおかげで、

僕みたいにただの凡人、いや、コンプレックスの塊でも簡単に出来るのです。

 

実際僕は、メンタルも弱いし自分にできることは何もないと思っていましたが、

しっかり学んだことで

例えば、Twitterでは、

フォロワーも5人→10人→100人→3000人・・・

とどんどん右肩上がりに増えて行ってます。

 

現場や営業や組織が苦手で何もできない自分が、

戦う場所を変えたらうなぎ上りに人生が良くなってます。

自分がどこで戦うかは本当に見極めた方がいいなと思います。

 

メンタル弱いのは武器。文章だけで食べている人は何人もいる

 

僕は、文章の力を使ってこれまで150件くらい商品を売ってきました。

しかもそのお客様は、僕が直接会ってゴリゴリに営業したわけではありません。

お客様が欲しいと望んで買ってくれます。

 

別に商品は直接人と会わなくても売れてしまいます。

これを悪用する人がいるから怪しいと思われてしまうんだなと思います。

僕はファンの方とは一緒にどんどん成長したいので定期的にセミナーや勉強会を開いてます。

 

ビジネスは、
人との信頼関係であって、

別に直接会ってるか会ってないか?

は全く関係ないのです。

 

Amazonやメルカリでも売主の顔が無くても物買いますよね?

それと同じです!

ネットを使って信頼は充分得られます。

 

過去の僕みたいに

人脈ないと仕事できないとか、

人に気を遣わないと商品は売れないとか、

 

変な常識に縛られるとどんどん自分の可能性を狭めるなと思います。

 

僕なんかよりももっとすごい人はめちゃめちゃ沢山いて、

文章だけで月収が500万、1000万・・・と

詐欺とかではなくて、人に喜ばれることをしてしっかり稼いでる人がゴロゴロいます。

 

やばい世界ですよね笑

可能性しかないし、自分もそれを目指したいからすごく毎日が刺激的で楽しいです。

だから、

その可能性に気づける人は、人生がどんどん豊かになっていきます。

 

残念ながら、対面とかで上手くいっちゃてる人ほど自分がこれまでやってきたことを信じてるので気づかないです。

 

考えてみればわかるのですが、サラリーマンでごく一部のすごい人、それでも年収は1000万とかで、

しかも週5日フルタイムで働いてます。

すごいなーと思います。

僕できないです・・・

 

そりゃ家族との時間や趣味の時間持てないですよね・・・

戦う場所を変えればいいだけなのにそれに気づきません。

 

だから、

自分に自信がない、
自分にできることなんて何もない、
人生終わった

と諦めてかけていた人こそ、学んで行動すれば勝てます。

 

企業もネットを使いこなせる人を求めている

 

これもすごく当たり前の話なのですが、

会社でもネットを使って売上を作れる人というのは本当に価値が高いです。

実績も積めれば、
文章を書いだだけで、

1000万とかで取引されることもあります。

しかも制作にかかる期間は3日とからしいです笑

ヤバすぎますよね!!笑

僕は時給900円とかで頑張って働いても、
月にもらえる給料は

10万円とかだったのに・・・

いやぁ、マジで世界は広いなと思いました。

もうこの時代、さすがに知り合いだけの繋がりでビジネスするのは限界があります。

 

メンタルがどんなに弱くても、勝てる場所はありますし、

学んでやれば結果は出ます。

 

成功体験を少しずつ積めばメンタルの弱さは克服できていた

 

僕は精神が弱い社会不適合者で本当に良かったなと思います。

逃げて逃げて逃げまくった先に、
一気に勝ち抜けるフィールドに出会いました。

で、ネットを使ってどんどん成果も出しちゃうと、

気づいたら対面が余裕になります笑

 

だって別に、その人に

どんなに嫌われても、ケチョンケチョンに言われても生活できますし、

心の余裕があるからです。

 

なので、
今どんなに悩んでいたり、自分に自信がなかったとしても、

諦めてほしくはないなと思います。

 

ビジネスもメンタルも学んで行動すれば成果は出ますし、

どんどん成長できます。

 

特にメルマガでは、

メンタルが弱くてショボショボだった僕が、自由を手にするためにやったことを余すことなくお伝えしています。

少しでも何かのきっかけになれば嬉しいです。

ありがとうございました!

 

 

-----------------------------------      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です