『お金以外の幸せ』を見出そうとしても全然悩みは解決しなかった話

 

こんにちは、おかぴーです。

 

よく世間では

「お金より健康や愛の方が大切」

とか

「お金以外にも幸せはあるよ」

などなど、

 

なぜか、

お金と何かを比較されて言われてることがありますよね。

 

お金とその他の幸せや健康や愛などとは両立することってできないのでしょうか?

永遠のテーマの一つだと思います!

 

僕は元々は
お金はとりあえず生活できる分でよくて
それ以外にもっと人生を充実させたいと思っていました・・・

 

本当はあればあるだけいいに決まっているのに・・・

 

ですが、今考えると僕は

「お金よりも大切な何かがある」

などといった

お金の価値を低く見積もる主張はおかしいと思っています。

 

僕はお金があることで
こうやってスマホやPCを使えているわけですし、

今日着ている服も、
美味しいご飯もお金があるおかげで食べられています。

 

僕は元々メンタルも弱くて数々の失敗経験をしていて、

お金が無いことによって惨めで悔しい思いをした経験があるので

お金はすごく大切ですし感謝の対象です。

 

そこで今回は

なぜお金の価値を低くみられてしまうのか原因を探るとともに、

お金と幸せや健康や愛との両立は可能なのか?

というテーマでお伝えします。

 

お金が無くて苦しんだ過去

 

僕の家庭はお金が無くて苦労しました。

父親がサラリーマンで母親が専業主婦のごく普通の一般家庭です。

 

一見普通そうに見えますが、僕の父親は家庭内での亭主関白ぷりがすごいのです。

仕事がうまくいかなくて、仕事をやっては転職してを繰り返します。父親の手取りは月に20万ほどです。

それを家族5人でやりくりします。

 

機嫌が悪いときは

家族にストレス発散の矛先を向けます。

 

母親と口喧嘩になっては、

「誰のおかげで飯を食えてると思っているだ!!」

「主婦はいいよな楽で。家にいるだけでいいんだから。」

とか

「子供の面倒はお前の仕事だろ!!」

みたいなことを言ってくるわけです。

 

そして反論する母親に暴力を振るうシーンも子供の頃に何回も見てきました。

お金を稼いでるのは俺(父親)だ!!
俺(父親)が偉いんだ!!

という感じで家族を支配していきます。

母親がパートをすればいいじゃん?

と思うかもしれませんが、
僕の家庭は兄弟の年が一回り離れていることもあって

僕が少年の頃は3番目の妹が赤ちゃんの頃で育児や家事

そして、
親の両親の介護でいっぱいいっぱいだったのです。

 

さらに父親は
僕や2番目の妹に対しても殴ったり当たります。

お金が無かったからこそ、家族全員が父親に従うしかなく、

苦しい状況でした。

 

お金の力はこんなにも人を支配できてしまうのかと思ったと同時に段々と嫌いになっていきました・・・

 

そんな状況でも育ててくれた時点ですごく感謝ですが、

当時の僕は感謝できるわけではありませんでした。

 

父親が憎い
父親みたいにはなりたくない

という思いばかりが強まりました。

 

そしてバイトをしてやりくりをしようとするも、
雀の涙ほどしか稼げず、

友達の遊びをケチる
異性とのデートをケチる

人付き合いも悪くなっていき
孤独になりました。

1日12時間夜から朝までの夜勤を10日連続とかやって熱を出したこともあります。

すごく辛いです・・・

お金が無かったことで
健康・精神的ストレス・時間

を失ってきました。

 

経済的自立が悩み解決には不可欠だった

 

僕の経験以外にも、

会社の人間関係がうまくいかないとか、

お金が無くて子供を思うように育てていくことができない

と悩む方は沢山いるはずです。

 

もしお金があったとしたら今の環境や状況にい続けるでしょうか?

 

お金でこの世の全ての幸せは買えないかもしれませんが、

何をするにしても全てにお金が必要です。

 

お金によって

ほとんどの人間の悩みは解決してくれます。

 

僕自身は、お金が無くて辛い思いをしていましたが、

そんな時にビジネスに出会って自分で稼げるようになっていったら

すごく生活は豊かになりました。

 

やりたくない仕事はやらなくてよくなりますし、
自分とか合わないなと思う人とは関わらなくてもいいですし、

他人に嫉妬したり妬んだりする必要もなくなりました。

 

心の底から毎日が幸せで楽しいと思えています!

 

そして実際に、

景気が悪くなってお金に苦労すればするほど
犯罪率は上がっていくというデータもあります

 

お金は

良くも悪くも人を変えてしまう強烈な力を持っているのです。

 

お金を持つこと=悪と言われてしまう理由

 

僕はお金持ちを見ると妬んだり、イライラしたことがありました。

なぜそんな感情になっていたのかというと、
一番影響を受けていたのは僕の場合親です。

親はお金持ち特集とかをテレビで目にすると

「悪いことして稼いでいる」

「裏がある」

「見せびらかしたいだけで可哀想」

「もっと国のために使えばいいのに」

みたいなことを頻繁に言ってました。

 

お金は「ありがとう」が数値化されたものなので、

人を騙しているような人が長く繁栄できるわけないのです。

 

そしてお金持ちは自分で稼いで国で決められた税金を払って

その上で好きなように使ってます。

 

たしかにテレビでは羨ましがらせたり煽るように移していますが、

いけないことは何もないですよね。

 

でもそれを判断できず、

親の言葉を真に受けてしまって

僕はお金持ちを妬みいつのまにか嫌いになっていました。

 

また、当時僕自身お金が無くて苦しんでいたので、
さらにズルいと思ってしまっていました。

 

この世の中は色々な人がいるので、
僕のように嫉妬や妬みに変わる人もいれば、

「別にお金なくてもよくね?」

みたいに強がる人も出てきてしまうわけです。

 

こういう価値観の人は結構身近にいます。

 

だからこそ

「お金より大切なものあるでしょ」
「お金がなくてもいきていける」

みたいにお金の価値を低く見積もった価値観や主張が蔓延してしまうのです。

 

この状態では
どんなにお金が欲しいと思ってもなかなか稼ぐことはできません。

心の奥の奥でそういう価値観が根付いてしまっているからです。

 

だからと言って諦める必要はないですよ!!

一つ一つ誤解を書き換えて塗り替えていけばいいのです!

 

僕はそれを一つ一つやっていて
お金に好かれるようになりました。

 

お金・幸せ・健康・愛など人生が豊かになる全て手に入れることは可能か?

 

僕はお金もそれ以外の健康や愛や幸せなどなど全てを手に入れることは可能だと思っています。

欲張っていいんです!!

 

実際に僕の周りも本当に幸せな人生を歩んでいる人が沢山います。

 

なぜ両立が可能かというと
お金はありがとう、つまり人の喜びの結晶だからです。

つまり、人に好かれるということとお金を得るはやってることが同じなのです。

 

先程お金は「ありがとう」が数値化されたものとお伝えしましたが、

あまりしっくりこなかった人もいるかもしれません。

 

そこで、歴史を振り返るとわかります!

 

お金が誕生する前の昔は物々交換だったのです。

魚と野菜を交換するみたいな感じです。

 

それじゃ取引がわかりづらいからお米で統一化させて金になってお金に変わります。

ということは、相手がいらないものを渡してもお金はもらえないということですよね!!

 

相手が喜ぶことをして初めてお金が得られるわけです。

 

人の喜ぶことをしているわけですから、
そりゃたくさんの人に好かれますよね。

 

そして稼いだお金をさらに人のために使っている人もいます。

震災の時に寄付をしたり、
発展途上国に支援している人もたくさんたくさんいます。

 

つまり、

騙すとかではなくて人に喜ばれながら稼いで、

さらに使い方も自慢したりせずに綺麗に人のために使っていれば、

幸せに成功することは別に難しいことではなくて、
みんなできるということです。

 

誰も教えてくれないお金の話 まとめ

 

お金は本当にありがたいものです。
お金がなければそもそも生きていくことすらできないですし、

素敵な方と結婚したりデートしたりすることすらできません。

 

だからこそ

この記事をご覧いただいたあなたには
お金に感謝してほしいなと思います。

 

お金も幸せも健康も愛もそもそも比較されるものではなくて、

全部大事です!!

 

全てを手に入れている人もたくさんいます。

 

一度きりの人生です。
一緒にそこを目指して人生をどんどん充実させてみませんか?

 

特にメルマガでは

「夢の叶え方」「人に喜ばれながらお金を稼ぐ具体的な方法」「幸せに成功する方法」

などなどここでは話せないこと満載でお伝えしています。

 

自分に対するコンプレックスや自信のなさから元々嫉妬や妬みがすごくて

幸せとはかけ離れていた僕が、

 

知識を学んで、マインドを変えていったことで、
自分らしい幸せな人生を手に入れられるようになりました。

 

メルマガ読者限定動画や会員制サイトもご用意しているのでぜひご覧ください!

少しでもあなたのきっかけになれば嬉しいです!!

ありがとうございました!

 

 

-----------------------------------      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です