「田舎に泊まろう!」をやって人間関係や仕事が上手くいくために大切なことを学んだ

こんにちは、おかぴーです。

今日は大学時代に田舎に泊まろう!を実際にやってみて、

そこからビジネスや恋愛などにも使えるめちゃめちゃ大事なことを学んだので、お伝えしようと思います。

田舎に泊まろう!って実際やってみると凄く大変です笑

特に僕は、メンタルが弱くて失敗が怖くて、

人が苦手だったので、

一時は、もう外で寝ようと覚悟したくらいです!

逆の立場に立って考えるとわかるのですが、いくら大学生とはいえ、

全くの見ず知らずの人間に

「泊まらせてください!!」

と言われても基本的に無理です笑

怖いですよね!

ですが、人に何かを「与える」意識をすることでことで、僕のようにメンタルが弱かったとしても自分の思い通りに

現実を変える事ができます。

この知識を知っていると、仕事や人間関係などなど凄く楽になるので是非みて欲しいです!

 

田舎に泊まろう!をなぜやったのか?それと厳しいルール

 

その前に、僕がどういう経緯で田舎に泊まろうをやったのか、そしてどういうルールでやったのかお伝えします。

当時大学生だったので、本当にお金がありません笑

でも、大学生で長期休み中は時間がある分色々な経験はしたいと思っていました。

東京から関西までの交通費はなんとか捻出できたので、

現地に着いたら1日1000円しか使ってはいけない

ということにしました。

お金が無かったので、
強制的にやらざるを得なかったのですね笑

本来なら旅館やホテルに泊まって優雅に過ごしたり、

食事も美味しいものを食べますが、それも出来ません。

食事も泊まるところも全て人と交渉しなくてはいけないのです。

本気で帰りたいと思うこともありましたが、絶対いい経験になると思って必死にやっていました。

 

田舎に泊まろう!で学んだこと  なんでも人を喜ばせることができる

 

僕は先ほどもお伝えしたように、メンタルが弱くて、

コミュニケーションも苦手なのです。

 

で、僕が行ったのは、京都の伊根町という高齢者の方が一番多い町です。

(すぐそこは日本海です。その前に広大な田んぼが広がってます)

行ってみるとわかるのですが、数カ所観光地はありますが、

若者はほとんどいません。

現地の高齢者の方は集団が出来ているし、東京から来た僕は

完全によそ者です笑

 

話しかけにいこう!!

あーーでもむり・・・

 

という葛藤が何回もありました笑

 

自分から関わろうとしないと何も始まらないわけです。

 

そこで、自分の武器を考えました。

メンタルが弱いし、何もない僕にも一つだけ出来ることがありました。

 

それは

 

「人の話を聞ける」

 

ということです。

 

え、こんなのが出来ることに認定されるのか?

と思われるかもしれませんが、もうこれしかないんです笑

 

高齢者の方は基本的に話すのが大好きです。

 

話を聞いていれば、もしかしたら何かあるかもしれない!!

あわよくば、食事や泊まるところも用意してくれるのではないか・・・

 

そんな希望を持っていました。

なので、僕はひたすら話を聞こうと覚悟を決めました!

 

初めは、話が途切れたりもしましたし、

人がいなくて疲れまくって諦めそうにもなりましたが、

 

あるおじいちゃんとおばあちゃんに出会ったら、どんどん話してくれました。

 

2人の若かった頃のお話、結婚した時の話、息子さんのお話、今やってることの話

などなど、とにかく共感や相槌をして聞きました。

 

相槌も、そんなすごいものではなくて、

「へぇー!」

「すごいですね!」

「そうなんですね!」

みたいな感じです。

 

だいたい30分くらい楽しく話したら、

「どこから来たの?」

と言われたので、

「東京から来て、泊まるところがないんですよねー。」

と伝えたら

「泊まっていきな!」

となりました。

 

 

食事も用意してくれて沢山話しながら幸せな時間を過ごさせていただきました。

本当にありがとうございました。

 

これについては、別にセンスや才能があるとかではなくて、相手が喜ぶような事をただただしただけです。

難しことは何一つないんです。

 

これを普段から意識してやっていると、どんどん人間関係もよくなるし、仕事も上手くいくようになります。

 

田舎に泊まろう!で学んだこと 自分にとって当たり前のことは当たり前ではない

 

さっきの、人の話を聞けるという事例もそうですが、

例えば、田舎の方に

「東京から来た」

というとめちゃめちゃ驚かれるわけです。

自分にとって東京に住んでるということは当たり前かもしれませんが、

現地の方にとっては

「すごい」

「珍しい」

「もっと話を聞きたい」

の対象なのです。

これだけで仲良くなれました。

本当にびっくりです!!

 

もしかしたら、これを読んでくれている方の中には、仕事や人間関係で自分は何も出来ることが無いんです・・・

と思ってしまっている方もいるかもしれません。

 

ですが、本当に本当にそうでしょうか?

 

気づいていないだけで、必ず人それぞれ良いものを持っています。

僕なんか「話を聞ける」「東京の人で珍しい」でしたからね笑

 

これでも初対面なのに、仲良くなって美味しいご飯を頂いたり、泊まるところを用意してくれたりするわけです。

 

自分の出来る事を相手が喜ぶために使ってあげれば、

仕事になってしまいお金も貰えるし、

人脈もどんどん増えていきます。

 

田舎に泊まろう!で人間関係や仕事関係良くするには相手に喜ばれることをすればいいと知った

 

やはり、人は基本的に自分の事しか興味がないんです。

今日着ていく洋服は何にしようか?

今日は何しようか?

何食べようか?

などなど自分の事でいっぱいいっぱいです笑

 

僕は、今日着ていく洋服に悩んでて、

「そんな誰もあなたのことなんか見てないよ」

と親に言われたことがあります笑

 

みんな自分のことばかり考えてるからこそ、相手が本当に喜ぶことをする人は珍しいのです!

価値が高いのです!!

それが出来れば相手の記憶に残すことができますし、深い繋がりになります。

 

僕も、今でも過去にお世話になったことや、助けられたことは忘れていません。

今すぐにでも連絡してお礼したいという人は沢山います。

別に特別なことは必要ないんです。

 

相手に喜ぶ事をしていれば、勝手に相手の記憶に残りますし、

自分の自信にもなります。

 

恋愛や仕事、人間関係全てうまくいきます。

 

人に喜ばれることをしてたら気づいたらビジネスになってた

 

いかがでしたか?

本当にちょっとしたことでも、他人から見たら凄いし嬉しいことなのです。

ぼくはそういう考え方を学んで積み重ねたことによって

メンタル弱くてコミュニケーションが苦手な僕でも自分でビジネスできるようになりました。

 

今でも、当時の田舎に泊まった経験が僕の人生の礎になっています。

難しいことは本当にありません。

 

しかも今はありがたいことにネットというテクノロジーのおかげで、人に喜ばれる経験は簡単に積めるようになりました。

このサイトも北海道から沖縄の方まで幅広く見てくれています。

 

ネットのおかげで離れていても日本全国の人を喜ばせることができるのです。

しかもお金はほとんどかかっていません。

 

なので、これを読んでくれたあなたも人に喜ばれる経験をどんどん積んで、

人生をもっともっとより良くしていただければ嬉しいなと思っています。

 

特にメルマガでは今回お伝えしたように、考え方、つまりメンタルによってビジネスや人間関係をどんどん良くしていこう!

という無料の講座を毎日配信してます!

元々弱々しかった僕がこれまで学んできて、変わった経験をもとに、なくさんのことを余すことなくお伝えしています。

これを読んでくれたあなたとさらに深いご縁を持てることを祈っています。

ありがとうございました!

 

 

-----------------------------------      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です