【5人に1人はフリーランス時代】フリーランスや副業するのは不安で難しい?

 

こんにちは、おかぴーです。

フリーランスや副業、起業というとどんなイメージがありますか??

 

難しい・・・

不安だ・・・

自分には縁がない・・・

 

いよいよそんなことを言ってられない時代が来ています。

フリーランス実態調査2018年によると、
フリーランスの経済規模が20兆円超え、副業経済は8兆円だそうです!!

(引用元 https://www.lancers.co.jp/news/pr/14679/)

フリーランス人口は、労働人口の減少を全体の17%、約5人に1人はフリーランスなんですよ!!

多い!!

この数字はかなり大きいなと個人的には思います。

 

アメリカとかだと、もう3人に1人はフリーランスとして働いているので、

今後もどんどん増えていきそうです!!

 

本当にありがたい時代だなと思います。

 

どういうこと??

と思うかもしれませんが、

 

これまで僕たちは、ほぼ決まったレールしか歩めていなかったわけです。

良い高校、良い大学までいって、いかに良い企業に就職できるか?

 

僕自身もこれで人生全て決まると思わされていましたし、

必死に頑張ってきました。

 

ですが、ネットの発達によって確実に働き方は変えられるということです。

 

僕もネットの恩恵をすごく受けることができているので、

フリーランスつまり個人事業主として生活できているわけです。

 

個人で活動できるようになると時間もお金もすごく自由が効きますよ!

 

僕はネット環境さえればどこでも仕事できるので、

毎日温泉行ったり、旅行しながら仕事してます。

 

一方で、フリーランスになったとしてもネットの力を使えてなくて、

毎日苦労して労働労働労働している人がいるのも事実です。

 

そこで今回は、

 

稼げるフリーランスと稼げないフリーランスの違いって何?

フリーランスになるのって難しいの??

どうすればフリーランスの不安を解消できるの?

 

というテーマで僕なりの体験談を元に沢山お伝えしていきます。

 

稼げるフリーランスと稼げないフリーランスの違いとは?影響力が大事

 

フリーランスといっても様々ですよね。

僕のように完全に個人で仕事をしている人もいれば、

企業の案件を業務委託されてさばいている人もいます。

 

僕は稼げるフリーランスと稼げないフリーランスの違いはここになると思っています。

 

もちろん業務委託全てが悪いわけではなくて、中には物凄い報酬が高いものもあります。

 

ですが、稼げてかつ自由が効くようにするには個人として

影響力をつけていく必要があります。

 

やはり業務委託は、案件の契約期限が切れてしまったら、

次の案件を必死に探さなくてはいけません。

 

交流会やイベントに参加したり、自分から営業をかけていかなくてはいけないのです。

 

そうすると一見、

組織に属していないから縛られず時間を自由に使えると思われるかもしれませんが、

意外と減っている時間はあります。

 

なので、個人として影響力を少しずつでもつけていく必要があります。

例えば僕の場合では、SNSやYouTubeやブログなどといったネット媒体を利用しているおかげで、

どんどん自分のファンができたり影響力をつけることができています。

 

こうなると

とても嬉しいことに

「おかぴーさんだからお願いしたい」

「おかぴーさんから習いたい」

と言ってもらえるようになるわけです。

 

こういう仕組みをネット上に作っていくことによって、
勝手に仕事が回るようになります。

 

特に自分から営業をしていませんし、依頼されても

あまり楽しくないものはお断りさせていただいてます。

 

組織や人に依存するのではなくて、

あなたの影響力を勝手に広げてくれる仕組みに依存する必要があります。

 

僕はメンタルが弱すぎ自分に自信がなかったので、

人と会いまくったり、保険屋さんとか不動屋さんみたいにゴリゴリの営業が苦手です。。。

 

なのでネットの力を借りています!

本当に良かったなと思っています。

ありがたすぎます!!

 

フリーランスになったり副業するのは難しい?リスクを減らしながらやるべし

 

フリーランスや副業、起業など、自分自身の力でビジネスを始めていくにあたって

一番ネックになるのは不安との戦いだと思います。

 

これってこのままやってい稼げるの?

失敗したらどうしよう・・・

 

こんなことが頭によぎると何をやっても

不安不安不安不安不安

無理無理無理無駄

となって結局諦めてしまいます。

 

なので

いかに安く始められて、
失敗しても余裕、
何度も挑戦できる、
売上の限界がない

ビジネスをやっていく必要があります。

 

こう考えると、
いきなり飲食店経営などの店舗を構える必要があるビジネスとか株やFX系などの投資は最悪です。

まずは店舗を構える系だったら、土地代、不動産賃貸代、水道光熱費など固定費が毎月毎月かかってしまいます。

これだけで数十万円は初期費用が必要です。

 

それに、飲食なら、キッチンなどの設備や材料費などなど

数百万はかかります。

 

これで失敗したら次の挑戦はできないですよね。

というか初期費用集めるだけでも10年くらいかかるのではないでしょうか?

 

だから参入が難しいことをやってはいけないのです。

そして株やFXなどの投資系もお勧めできません。

 

こちらも初めの資金に数十万円〜数百万単位でお金を用意できないと運用できたとしても雀の涙です。

そして8割以上は儲かっていない事実もあります。

200万円溶かした知り合いも知ってます・・・

 

だからこそ、
ネットを味方にするというのが最強です。

TwitterやfacebookやYouTubeを始めるのも無料。
ブログも月1000円程度。

 

これで着実に自分の影響力を拡散させることができます。

時間がかかるんじゃないの??

 

と思うかもしれませんが、
広告を出せばいいのです。

 

電車のつり革広告とか自分の広告だと100万200万単位でお金がかかりますが、

ネット上の広告だと1クリック100円くらいです・・・

安すぎる。

 

僕は5000円広告費に使ってサイトを上位表示させて、

他人の商品を売って(アフィリエイト)広告費を回収みたいなことをやっていたりします。

 

ネットのおかげで、
今日から会社員を辞めて自分でビジネスする

という大胆の決断をしなくても

片手間で参入できるますし、コツコツとやっていけば

半年で月10〜20万、1年もあれば月50万程度の収入は作れます。

リスクは最小に、いつのまにか化けるビジネスをやっていくべきだなと思います。

 

また、今ではnoteやココナラクラウドワークス などのように、

自分のスキルを売れる場所がネット上にたくさんできています。

 

初期費用無料で自分のスキルを発信できるとか最強すぎです!!

 

初めは、こういうのを大いに活用していけばいいのです。

 

おかげで僕自身も、

自分に自信ない状態でも、
これはどう考えてもお金稼げるわ!!

と判断することができて、

始めることができました。

 

そして成功体験をどんどん積んだおかげで、
自分に自信がつきましたし、

お金も稼げるようになって自由で自分らしい人生を歩んでいます。

最高に楽しいです!!

 

成功するには日々学んで仕組みを作っていこう

 

5人に1人はフリーランス時代ということもありますし、

ネットがどんどん発達していることもあって、

あなたが自分らしい人生を歩める準備は既にできているわけです。

 

会社でも副業解禁されていたりしますが、

もう大手も終身雇用とか面倒見きれません!!

と言ってるようなものです・・・

 

なのでリスクなく複数の収入源を作っていく必要があるなと思っています。

 

そこで大事なのは、

日々『需要があることを学んでいくこと』です。

 

僕はまっーーたくなにも出来ませんでしたが、
学んだことで

サイトが作れるようになったり、
文章が書けるようになったり、
心の悩みをカウンセリング出来るようになったり、
YouTubeで動画撮れるようになったり

どんどんできることが増えていきました。

 

影響力はどうすればつくのか??

ということもこれまで300万円以上払って学んでいったことで

勝手に売上が立つ仕組みを構築していきました。

 

だから
温泉に行きながら、旅行しながら

好きな時に好きなことをできるわけです。

 

今後もフリーランスや副業で生計を立てる人はどんどん増えていきますし、

センスや才能ではなくてみんなできるものです。

 

そのためには正しい知識を得て、正しい方向で努力していく必要があります。

 

特にメルマガでは、

自分に自信もなくて不安だらけだった僕が、

個人で仕事をして自由な人生を歩めるまでにやったことを

余すことなくお伝えしています。

 

技術的な話はもちろん、

他にも夢の叶え方や自信の付け方など盛りだくさんでお伝えしています!!

 

是非一緒に自分らしい人生を歩んでいきましょうね!!

今後ともよろしくお願い致します。

 

 

-----------------------------------      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です