映画「翔んで埼玉」から学ぶコミュ力と魅力をあげる方法とは?レビューと評価

 

こんにちは、おかぴーです。

あなたは、「翔んで埼玉」という映画を知ってますか?

 

これ今ちょー人気らしくて、
実際に僕も観にいきってきました!!

もちろん映画自体もすごく面白くて、楽しいんですけど、

 

僕はこの映画でコミュニケーション能力を上げる方法や、

魅力の付け方がめちゃめちゃ学べるなと思います。

 

どういうこと??

と思うかもしれませんが、

この映画って埼玉をめちゃめちゃディスるんです笑

 

「ああいやだ!埼玉なんて言ってるだけで口が埼玉になるわ!」

とか普通に言ってます笑

 

これは埼玉県民も県知事も怒るでしょ?

と思うかもしれませんが、

 

今のところ埼玉県民からのクレーム0、県知事も絶賛で、

上映開始から4週間足らずで、興行収入も20億を突破してるんです!!

原作の漫画に至っては、

55万部も売れていて、そのうち3割は埼玉県民が購入しているそうです!!笑

凄すぎる!!

 

マジで学べることたくさんありますし、自分にも生かせます。

そこで今回は、
簡単なあらすじと、

「翔んで埼玉から学ぶコミュ力と魅力を上げる方法」

についてお伝えします。

 

翔んで埼玉のあらすじや内容とは?

 

ここでは、簡単に翔んで埼玉の内容のご紹介をします。

ネタバレになるので詳しくは説明しません。

 

あくまで物語の中ですが、

埼玉県民はめちゃめちゃ東京から差別を受けられているんです。

 

埼玉の県は東京と比べて都会レベルも低いし
魅力がないので、

東京にいることすら許されないというレベルです笑

 

埼玉県人が東京に行くにはお金を払って通行手形を買わなきゃいけなかったり、

東京都民の服装や暮らしぶりが華やかに書かれている一方、

埼玉の家や街並み、人も明らかに貧乏でボロボロです。

 

そんな魅力がなくて田舎扱いされている埼玉だけど、

みんなで力を合わせて魅力を広めていこう!!

という映画なんです。

 

途中恋愛シーン?や感動エピソードもあって笑いあり涙たりですね。

 

で、埼玉の扱いが酷いからこそ、
映画中では埼玉がディスられることもあるんですが、

映画館でなぜか笑いが起きてるんです!

 

そして観終わった後も、
みんな

「楽しかったね」

「面白かった」

と言っています。

 

本当に不思議ですよね!!

ここに魅力とコミュ力をあげる方法が詰まっているなと思います。

 

翔んで埼玉から学ぶ魅力の付け方

 

僕は埼玉出身なのですが、
マジで埼玉って何もないんですよ。

 

データで見ても、いいことよりも悪いことのランキングが結構高いんです。

というかほとんどを占めてます笑

 

都道府県別の魅力度ランキングも2018年で44位、

毎年43〜45位くらいをうろちょろしてます。

 

(公式サイトhttp://www.tondesaitama.com/より引用)

また、

郷土愛の無さも47都道府県中ワースト1位、

社長輩出数も47都道府県中ワースト1位、

総理大臣輩出率ワースト1位

貧乳率NO.1

・・・

・・・

という結果です。

 

でも、なぜかメディアなどでは、

逆に魅力がなさすぎて、いじられています。

 

他の県がこんなに特集されてるたことないです。

ましてや映画になるってありますかね??

ない気がします。

 

「翔んで埼玉」って題名を見ても、

普通だったら魅力がなくて素通りされる埼玉が入ってるのにこんなに売れてるわけですからね。

すごい!!

 

つまり、

魅力がないこと、普通だったら悪いことが逆に魅力になってしまうんです!!

 

これって「人」でも言えるなと思います。

人それぞれ、自分の過去を振り返って、

失敗した経験や恥ずかしい経験などあると思いますが、

 

それも生かし方次第で、落ち込むこともできるし、

「ネタ」や「魅力」として使うこともできます。

 

僕は、元々メンタルも弱くて、失敗ばかりで、
自分に自信ない

「豆腐メンタル」

だったのですが、
それを隠すことなく、大々的に伝えるようにしました。

 

そうすると、
なぜか同じように悩む人から共感を頂いたりします。

僕が、そういった過去を隠したり、強がっていても、

ファンはなかなかできなかったと思います。

 

自分の弱いところや出来ないところも含めて自分自身ですし、

魅力になるので、深刻に悩むよりかは、

どんどん出していったほうがいいなと思います。

 

魅力っていいことだけが魅力ではないですからね。

 

埼玉と同じで、
できないことや失敗も十分人を引きつけたり、共感を生む魅力になります。

自分には魅力がない・・・
自分はつまらない人だ・・・

と悩む方もいますが、本当にそうでしょうか?

ぜひ過去を振り返ってみてほしいなと思います。

 

プライドが邪魔をして見えていないだけで、必ず人を惹きつける魅力はありますよ!

 

翔んで埼玉から学ぶコミュニケーション力の上げ方

 

自分の弱みや失敗をさらけ出すと人間関係でも得をします。

こういう人は、

「親しみやすい」

と思ってもらえるのです。

 

親しみやすい人は色々な人に好かれやすいです!!

好かれるってことは、その分色々なチャンスも頂けるわけですからね。

マジでお得です。

 

だから埼玉オイシイなぁーってめちゃめちゃ思います。

今回の映画で、埼玉に行ってみよう!!

となった人ももしかしたらいるかもしれません・・・(もしかしたら)

 

そこまでならなくても、
埼玉を知ってもらうきっかけになっていることは間違いないです!

無名であり続けるよりもよっぽどいいです。

 

よく飲み会とかでも、いじられたりディスられることに対して、

逆ギレされたり、
強がってしまう人がいますが、

本当にもったいないなぁと思います。

 

いじられるというのはそれだけ注目を集められているわけですが、

それにノッテあげれば、場も盛り上がって楽しい会になります。

 

もちろん愛のないいじりやディスりはおかしいですが、

いじりによって注目を集めることができるのです。

コミュニケーションだと
なんでもハイスペックで完璧な人がペラペラ喋って場の注目を集めると思われがちですが、

そんなことは全くないです。

 

僕自身もいじられたら上手くノッテあげて、場を盛り上げたら、

「おかぴーがいると楽しい」

となってそのあとも呼ばれたこともあります。

 

それが繋がって、

いつのまにか恋愛に発展してたということもあります。

 

また、自分の弱みや失敗をさらけ出すのことで、自分自身もそういう経験を受け入れることができるんです。

なので僕は黒歴史?や忘れたい記憶というのがありません。

 

例え失敗しても、ほとんどネタとして面白おかしく話すことを意識しているので、

毎日がすごく楽しくなるんです。

 

もし今、

自分に対して深刻に悩んでいるんです・・・

失敗がつらくて向き合えないんです・・・

 

という方は
それを面白おかしく調理できないか考えてみてください!!

きっとその経験に感謝できる日が来ますし、
自分でも受け入れられるようになりますよ!

何事もネタだと思えるのですごく楽しくなります!!

 

今回は、

映画「翔んで埼玉」から学ぶ、魅力とコミュ力についてお伝えしました。

ハイスペック、高嶺の花じゃなくてもおいしい思いはできますし、

生きる道は必ずあります。

 

これまでの全ての経験はネタであり魅力です。

それを生かすか?殺すか?で自分の人生はガラリと変わるんです。

 

少しでも何かきっかけになっていただけたら嬉しいです!!

 

また、メルマガではさらに詳しく

「幸せに自分らしい人生を歩む」

というテーマで

「夢の叶え方」
「自信の付け方」
「うまくいく考え方」
「0から人に喜ばれながお金を得る方法」

などなど僕が学んできたことを余すことなくお伝えしています。

 

僕はもともと自分に自信がなくて、メンタルも弱かったのですが、

学んだことで人生はどんどん豊かになっていきました。

 

今どんな状態でも、正しいメンタルを持つことで夢や望みは叶います。

 

ここでは話せない、 具体的な方法論や心構えなどを盛りだくさんに無料で配信しているのでぜひ見てみてください!

メルマガで会えることを楽しみにしています!!

ありがとうございました。

 

 

 

-----------------------------------      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です