幸せを手に入れても失うのが怖い??幸せ恐怖症を克服する方法

 

こんにちは、おかぴーです。

僕はこれまでの過去の経験を振り返って、自分のミスや数々の失敗があったので、

お金や友達や恋人を失うことが怖いと思っていました。

 

自分の意識では

人生を変えたい!!

幸せになりたい!!

と思っていても、
これまでの経験によって

「自分は幸せになれない」
「また失敗する」

みたいな思い込みがあったので、

努力することも夢を信じることもできませんでした。

 

そんな不安定な心理だった僕ですが、
「幸せ成功」するためには

正しいマインドが必要だとわかり、学んだことで

今では失うことに対して怖さを感じませんし、

 

毎日が

幸せ、幸せ、
ありがとう、ありがとう
楽しい、楽しい

の連続で最高です!!

 

以前は、

何かを手に入れても将来的に失うんじゃないか・・・

みたいな不安がありましたが、
今では全く感じていません。

そこで今回は、

失うのが怖い
幸せになるのが怖い

という方に向けて、僕が学んで実践したことをお伝えします。

日常がガラリと変わりますし、
とても楽に過ごせるようになると思うのでぜひ参考にしてみてくださいね!!

 

「幸せ」に対する考え方の違い。今この瞬間から幸せになれる

 

まず根本的な違いなのですが、

お金を手にするのが怖とか、
好きな人ができることが怖い

などなど目に見える何かならまだわかりますが、

「幸せが怖い」

という考えには行きつかないはずです。

どういうこと??

と思うかもしれませんが、

幸せは個人的な「感情」です。

 

つまり、
僕たちは今この瞬間から幸せになることができます。

 

いやいや、

お金もないし、恋人もいないし、生活は苦しいし

幸せなんて感じれないよ!!!

 

当時の僕のように考えてる人もいるかもしれませんが、

この状態ではいつまでたっても幸せになれません。

 

たとえ物質的に豊かになってもこれでは心理状態は不安定です。

 

なぜなら

「既にある幸せに気づかず、無い事ばかりに目が向いてしまっているから」

 

もちろん夢を持ったり望むのを否定しているわけではないのですが、

僕は既にある幸せに気づかず、

お金がない、お金がない、お金がなーい

ああああ、恋人もいないし、結婚できるのか??

といつも思っていました。

 

何かがあるから幸せという考えは順番が完全に逆です!!!

 

意味わからないという方は
僕の他のブログも見てみてください!

努力努力努力努力→○○を手に入れて幸せ

ではなくて、

幸せ幸せ幸せ幸せ幸せ→気づいたら物質的にも豊かになっていた

が正しいのです。

 

言葉もこれと同じ原理です。

ネガティブ、ネガティブ、ネガティブなことばかり言ってるとさらに心は暗くなるし、

ネガティブな事ばかりに目がいってしまうし、ネガティブな事ばかり引き寄せます。

そうではなくて

「ありがとう」
「ツイてる」
「幸せ」
「運がいい」
「絶好調」

って嫌でも、口先だけでも毎日唱えていたら、

幸せなことに気づけるようになりましたし、
ありがたいことがどんどん起こるようになりました。

現実は後からついてくるんです!!

少しはご理解いただけましたか?

 

もちろん先ほどもお伝えしましたが、

夢を持ってはいけない

とかの話ではないです!!

むしろ持つべきなのですが、
ない事ばかりに囚われるのではなくて、

夢を持ちつつも、
今ある幸せに気づいたり、感謝していこうという事です!!

この考えでいうと、

「幸せを失う」

ってことはあり得ないんですよ!!

 

だって何があっても無くても、どんな時でも幸せを見出せるからです!!

綺麗事かよと思うかもしれませんが、

・ご飯が食べれること
・健康でいれること
・スマホを使えること
・生活できるところがあること
・友達や家族や大切な人がいること

これは全く当たり前ではないですし、
感謝の対象です。

こういうところに気付けるようになると
心は安定していきますし、

幸せが怖いという感情は無くなりますよ!

 

お金を失うのが怖い お金編

 

では、先ほど一旦置いておいた、
物質的に失うのが怖い

ということについてお伝えします!!

これについても考え方を変えるとガラリと変えることができますし、

さらに力をつけることで

どう考えても大丈夫だわ

と思うことができます。

 

得ているものに目を向けよう

 

こちらは、普段買い物などで支払うのが怖いという方向けです。

もちろん無駄なものを買うときは怖いですが、

 

僕は必要なものもケチっていました。

 

例えば、

東京から大阪まで

片道1万4千円くらいの新幹線は使わずに、

片道7千円の夜行バスを使ってました。

 

完全にお金を払うことで得られるものに目が向けられてないのです。

 

この例でいうと、
新幹線はたしかに高いかもしれませんが、

3時間くらいでササッといけますし、

すごく広々としていて快適です。

 

あまり揺れないので、その間に仕事をしたり読書なんかもできます。

 

夜行バスだと安いからいいものの、狭いし8〜10時間くらい座ってなきゃいけないので

腰は痛めるし、

仕事もできません・・・

 

お金が無くなっちゃう、無くなっちゃう、無くなっちゃう

ではなくて、

僕はお金を払うことで得ているものに目を向けるようにしました。

 

そうすると感謝できますし、
無くなる怖さは消えていきますよ!!

 

0からお金を産める力をつけよう

 

そして一番強烈なのが、0から自分だけの力でお金を産める能力をつけることです。

僕は、これまで学んだことで

セールス力
ライティング力
マーケティング力
リサーチ力
web構築
カウンセリング
コンサルティング

などなどできることがどんどんできるようになりました。

もうこうなると
たとえ0になっても

また復活することができます。

自己投資をして学ぶことで、目の前のお金よりも

知識や情報の方が大切になります!!

お金を稼ぐ力
恋愛でうまくいく力
人に好かれる力
健康を手に入れる力

などなど全ては
知識と情報によって可能になります。

今目の前のお金は金の卵で、
知識と情報は金の卵を産むガチョウです。

僕はガチョウ(知識・情報’を持っているので、

どう考えても怖くないのです。

なので、
少しずつでも学んで自分の力をつけていってほしいなと思います。

失うのが怖い 友達や恋人編

 

次は人が絡むときですね。

もうこれは考え方ですよね。

世の中

+と−、
良いこと、嫌なこと
陽と陰
浮きと沈み

があるように、

出会いと別れがあります。

 

僕は、これまで恋人に振られたり、友達がいなくなってしまったこともありますが、

その次には必ず

素敵な出会いや、きっかけとなる人が現れました

 

だからこそ、

別れは、

自分の成長のタイミング、自分磨きのタイミングだと思っています。

 

そして出会いがあるからこそ、

チャンスを掴んだり、一気に成長させることができます。

 

きっとこれまであなたもそうだったと思うので、

暗く生きるというよりかは、

楽しく感謝ながら過ごしてほしいなと思います。

 

また例えば、

人の死などで

急に別れざるを得ない時もありますよね。

 

そんな時は、

僕は絶対後悔したくないので、普段から

「今この瞬間目の前の人と全力で向き合う」

ということを意識してます。

 

家族であっても友達であっても

当たり前じゃないですし、
感謝の対象です!

ぜひ参考にしてみてください!!

 

今ある幸せに気づこう

 

いかがでしたか?

あまりにも考え方が違うと初めは受け入れられないこともあると思います。

お気持ちがすごくわかります。

 

僕も、

初めにこういうことを聞いたときは

怪しいとか

難しいと思っていました。

 

ですが、

何回も何回も意識していると

「本当そうだよな」

と受け入れることができました。

 

学校の新年度になったり、
環境が変わるとソワソワするのと同じで、

人は誰しも、初めてのことことには抵抗がでます。

 

あくまで僕の経験と僕のマインドをお伝えしただけなので

取り入れるもやめるも自由です!!

 

ですが、
当たり前に思えることへの感謝はぜひして欲しいです。

 

これかなりびっくりしますが、

おおお僕はこんなに恵まれていたのか!!

気づけます。

 

僕は寝る前にポジティブ日記を今でも毎日つけていて、

その日あった感謝できることと幸せだなと思ったことを

10個書いてます。

 

そりゃ日常が幸せで感謝ばかりになりますよ!!

ぜひ他の記事なども参考にしてみてください!!

 

少しでもきっかけになってくれたら嬉しいです。

ありがとうございました。

 

また、メルマガではさらに詳しく

「幸せに成功する」

というテーマで

「夢の叶え方」
「自信の付け方」
「うまくいく考え方」
「0から人に喜ばれながお金を得る方法」

などなど僕が学んできたことを余すことなくお伝えしています。

メルマガで会えることを楽しみにしています!!

ありがとうございました。

 

 

-----------------------------------      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です